読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波乱の幕開け
 そろそろ蜂場の整備をと山へ 夕方暗くなり始めたので帰り支度、駐車場でトラックに乗って数秒、右前輪がコットンと穴に?なんだなんだであります。
 二、三日前から10cm円ぐらいの穴があることは気がついていたのですが、まさか車は四駆だし気にも留めていなかった、下車して見ればまさに陥没状態、昨年の博多駅前の道路陥没と似ている?(だいぶ大袈裟に言ってます)。
 タイヤ半分完全に土の中、バンパーは地についている、恐る恐る見れば深さ50cm~60cmぐらいの広めの空洞が・・・しかも金銀財宝はなく思わず天を仰ぐ、暗くなるのは時間の問題?差し当たり家に電話して復旧工事が間に合わないかもしれないのでその時は迎え頼みますと言って、考慮し始める。
 とにかくジャッキでタイヤを地表まで上げることに専念、ギリギリ上まで回してタイヤは地上へ・・・それから一段上のハチ場まで行ってブロックを六つほど、幸いトラックにLED電池の照明具がある、残業であります。
 ブロック二枚ずつ三段、木板を重ねて脱出成功、疲れました・・・、正月早々運が悪い。